ESSAY
不定期連載◆伊藤佐和子「踊る女と歌う男には勝てない」「2017年になっていた話」

不定期連載◆伊藤佐和子「踊る女と歌う男には勝てない」「2017年になっていた話」

新年あけましておめでとうございます!   豪徳寺の三重の塔には招き猫のほかに猫の親子の人形とか 鞠で遊ぶ猫の人形とかが潜んでいるの、知ってました?     毎年1回はなにかしら寄稿して、しぶ ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第10回「2016年11月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第10回「2016年11月」

11月1日 幼稚園の面接。朝から雨。面接の時間が願書を提出した時点でないとわからないので、3つの園の願書を用意していて、最低でも2つは受けられたらいいなと思っていた。熱心な教育で人気の高いA園(本命)と、最寄り駅前にあっ ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第9回「2016年10月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第9回「2016年10月」

10月4日 木村カエラさんの取材。何年かぶりの取材だったけれど、久しぶりに会う彼女は、とても自然体で肩の力が抜けていて、本来のとびきりの優しさと無邪気で尖ったムードがチャーミングに出ていた。それって新しいアルバム『PUN ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第8回「2016年9月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第8回「2016年9月」

9月1日 映画『AMY』を観に行く。27歳でこの世を去った歌姫、エイミー・ワインハウスのドキュメント。彼女がグラミー賞を受賞した時の大きな光に包まれていた瞬間と、どんどん色濃くなっていく人生の深い闇の凄まじいコントラスト ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第7回「2016年8月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第7回「2016年8月」

8月3日 GOING UNDER GROUNDの取材。彼らに会うのは3年ぶりくらいだろうか、丈さんが脱退した時のこと、もう解散しようと話した時のこと、それでも3人でバンドを続けていこうと決めた時のこと。色んなことを話して ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第6回「2016年7月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第6回「2016年7月」

7月1日 映画『ブルックリン』鑑賞。主人公の女性が故郷のアイルランドからアメリカに渡り、ホームシックになったり離れて暮らす家族のことを思ったりしながらも、恋をして仕事をしてどんどん人生を輝かせていく。そこには色んな選択が ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第5回「2016年6月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第5回「2016年6月」

5月30日 作家の住野よるさん取材。『君の膵臓をたべたい』と『また、同じ夢を見ていた』に通じるテーマと彼自身のパーソナリティの関係はとても興味深かった。その後、現役看護師シンガーソングライターの瀬川あやかさん取材。 &n ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第4回「2016年5月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第4回「2016年5月」

4月29日 ゴールデンウィークの始まり。娘を連れて新宿のタワレコへ。PIGGY BANKSのインストアライヴを観て、アッコちゃんにご挨拶。娘にとっては初めてのライヴ体験かな、インストアライヴくらいの音量だと2歳児でも楽し ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第3回「2016年4月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第3回「2016年4月」

このたびの熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。大きな規模の余震も続く中、長引く避難生活の中で、とても大変な思いをされている方が多くいらっしゃることに心を痛めながら、あっという間に過ぎていった4月でし ...
連載◆上野三樹「月刊夢子」第2回「2016年3月」

連載◆上野三樹「月刊夢子」第2回「2016年3月」

3月が終わりますね。すごく好きだったドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が終わってしまって寂しいです。今月の「月刊夢子」、主な出来事をダダッとお伝えします。     3月1日 新宿にて ...
新連載◆上野三樹「月刊夢子」第1回「キマユちゃんのこととか」

新連載◆上野三樹「月刊夢子」第1回「キマユちゃんのこととか」

  皆様こんにちは。いつもYUMECO RECORDSをご覧頂き、ありがとうございます。例年通りの2月スタートで(笑)、新連載が色々と始まっております。続投いただいたお馴染みの連載陣を始め、今年度からはあらたに ...
連載◆大石蘭「青春カウントダウン」第10回「25歳はアラサーなのか問題。」

連載◆大石蘭「青春カウントダウン」第10回「25歳はアラサーなのか問題。」

  もうすぐ25歳になる女友達に電話したら嘆いていた。 「もうアラサーだねって言われたんだけど!?」 私も今年の7月で25歳になった。25歳を迎えた同級生たちのFacebookでは、「アラサー」というワードが目 ...